忍者ブログ
30代中年男がダイエットに挑んでいる様子の報告
1kmまで10kmまではこちらをご覧ください。

10km地点を過ぎると、すぐに左折して、
北7条通りに出ます。

北7条に入ってすぐ、右側にエリートランナーの
スペシャルドリンク用テーブルがありました。

どうやら途中棄権した選手がいるようで、
何本か残っていました。

スペシャルテーブルを過ぎると、500m先に、
ファンランとフルマラソンの分岐点がありました。

残念ながら、ちょっと前にスパートを切った
女性のファンランナーがいましたが、
それ以外の多くのファンランナーは
まだまだずっと後ろにいるので、
ここでは、手を振って送ることができませんでした。

分岐点を過ぎると、すぐに給水所です。
というか、大通公園に行く前に、準備しているところを見ました。

給水所の合間に11km地点です。
給水していたので、LAP取れませんでした。

左側の給水所でスポーツドリンクを取ると、
右側のすいたところに移動して飲み、
このあと、右折するので、そのまま右側を走っていたら、
選手がスポンジを持っているではありませんか。

今からだと、戻らないといけないので、
スポンジ諦めました。

ここで、汗のかき具合を確認のため、
二の腕の外側を触りましたが、
乾いていました。
まだ、汗をかくぐらい無理をしていないことを確認しました。

歩道橋の下を通って、右折しました。

ここで、3人のチームユニフォーム着た選手に抜かれました。
私も周りの選手を抜いているのですが、
この3人は、私よりも少し速いペースで走っています。

ついていけないペースではありませんが、
後半に失速したくないので、つかないことを選択しました。

私立病院と、北海道大学の農園の間が12kmです。
   1時間02分52秒(13分47秒/3分)

10kmはLAPをとらず、11kmは給水でLAPをとれず、
3km分のラップでは、よくわかりませんでした。

右に大きくカーブすると、給水所です。
水、スポーツドリンクを1杯ずつ取りました。

飲み終えるとすぐに、13kmkm地点です。
   1時間07分47秒(4分55秒/km)

ここで新川通に入りました。

   また、話がそれます。
   新川通は、直線6.5kmの往復13km走ると、
   参加申込案内にも、参加のご案内にも書かれています。
   私は、間違いだと思います。

   正確には、新川通を1.5kmと
   13kmと1.2kmの3回走るだと思います。

話を戻します。
13kmを過ぎて新川通に入ると右側に札幌工業高校があり、
復路はここで、新川通をあとにします。

そのため、片側3車線の真ん中にコーンで、
往路と復路を分けています。

ただ、トップランナーと最後尾のランナーがここですれ違うこはほとんどないので、
仕切らなくてもいいのでは?と、個人的に思います。

その先は左にカーブする途中に武蔵野女子短期大学があります。

このあたりに家族の応援があるはずなので、
カーブは外側に膨らんで探します。

しかし、見つかりませんでした。

スタートは早くおよびスタート直後が速くと、
予定外だったので、まだ応援に来ていないのかな?と思い、
ながら探していると、家族がいました。

ビデオをお願いしていたので、その映像から画像をとりました。



家族の前を走り終わったあと、

すぐに、14km地点。
   1時間12分18秒(4分31秒)

LAPを取り終わり、前を向くと、
ランナーのほとんどが左側に寄っていて、
真ん中はすいていて、とても走りやすかったです。

このあと、右折なのに何で?と思っていましたが、
ここの新川通には桜並木や大きな木が多いので、
左側に寄ると日陰に入ることができるのです。

私は、サングラスの効果で、日陰がわかりませんでした。
家族が撮ったビデオを見て、左に寄っている理由がわかったのです。

そのまますいた真ん中を走って、時折遅いランナーを交わしながら、
右折して新川通を一旦あとにして、琴似栄町通に入ります。

琴似栄町通に入って300m走ると、15km地点です。

15km過ぎに太鼓がなっていましたが、
中央線付近を走っていたので、見ることができませんでした。

太鼓の音を通り過ぎると給水所です。
ここでも、1杯ずぐとりました。

給水が終わると、札幌新道の高架をくぐり、
左折すると、派手な私設エイドを過ぎ、
JR札沼線の高架をくぐると、16km地点です。
   1時間22分55秒(9分37秒)

35kmの給水ボランティアの声援がありました。
「がんばれ」の中に「帰っておいで」みたいなおばちゃんも。

ここらへんは、レースに集中していました。
17km地点を過ぎました。
   1時間26分43秒(4分48秒)

給水を過ぎるて、しばらくすると、18km地点です。
   1時間31分49秒(5分06秒)

18km地点は通り過ぎて30mぐらいして、
通り過ぎていることに気づき、慌ててLAPを止める。
   
18kmを過ぎると、左折して西野屯田通に入ります。
新川高校横の33kmの給水のボランティアの声援がありました。

途中のガソリンスタンドでトイレを拝借しているランナーもいました。
そういえば、開店休業状態だよね、ここのガソリンスタンド。

橋に向けての坂を上り終える手前が19km地点で
   1時間36分30秒(4分41秒)

右折して、再び新川通に入ります。

新川通に入ると、右側の帰りのコースの方を見ていました。
下見のときに34km地点がわからなかったからです。
他の箇所とは違う目印らしきものがあったところが、
本当に34km地点なのかを見たかったのです。

結果、目印らしきところが34km地点でした。

34kmの確認が過ぎると、すぐに20km地点に到達しました。

              北海道マラソンレース実況・・・その4
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
Copyright ©   ダイエット奮闘記~中年男の挑戦   All Rights Reserved
Design by MMIT / Simplea1 Powered by 忍者ツールズ
忍者ブログ [PR]