忍者ブログ
30代中年男がダイエットに挑んでいる様子の報告
無事、北海道マラソンを完走できましたが、
駅前通の両側6車線がコースになると知っていたら、
予定のLAPを5kmごとに立てて、
自己ベストを狙えるように準備できたのになぁと、
少しザンネンな気がします。

不満を言っていても仕方ないので、
まずは、完走証から、
   グロスタイム 3時間28分57秒
   ネット    3時間26分01秒(スタートロス2分56秒)

  5km   29分02秒  10km   53分08秒
 15km1時間17分07秒  20km1時間41分24秒
 中間  1時間46分37秒
 25km2時間04分54秒  30km2時間30分19秒
 35km2時間54分16秒  40km3時間18分17秒


この完走証と自分で取ったストップウォッチのLAPを組み合わせると、
下のグラフのようになります。

(5kmごとに、赤に色を変えました。)

3~4km区域は7分以上かかっているのに、
4~5km区域は3分を切っています。

4~5km区域は、北海道マラソン最大の坂があったのに、
優勝者よりも速いペースというのはありえません。

4kmの表示場所がずれているとしか考えられません。

同様に、9km地点の表示もずれています。

また、18km地点を数十メートル過ぎてから、
あわててLAPを取ったので、
ずれてしまいました。

4km地点、9km地点、18km地点のLAPがずれたので、
その前後は平均したLAPタイムに修正します。

(17~18km地点が、5分6秒、
 18~19km地点が、4分41秒なので、
 どちらも、5分6秒と4分41秒の平均
 4分53.5秒としています。

 他、2つも同様です。)

27km地点は、トイレによったため、
走っていない時間が含まれています。


修正したのが、下のグラフです。
水色に塗られているのが、13~14km区域と
37~38km地点で、どちらも家族の応援がありました。

家族の前ではいいところを見せようとしたのか、
元気をもらったのか、ペースが上がっています。

そのおかげで、38km以降下を向くようになり、
やや疲れを感じ、ペースが落ちていたようです。

千歳JAL国際マラソンのネットタイムで比べると、
1分52秒遅くなってしまいました。

スタート~1km区域の渋滞ロスと、
27km~28km区域のトイレに寄ったことが
原因です。

この2つを除けば、
北海道マラソンの方がよかったようです。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
Copyright ©   ダイエット奮闘記~中年男の挑戦   All Rights Reserved
Design by MMIT / Simplea1 Powered by 忍者ツールズ
忍者ブログ [PR]