忍者ブログ
30代中年男がダイエットに挑んでいる様子の報告
40kmの給水で、スポンジを取るときに、
距離感を誤って、ボランティアさんの手を
引っかいてしまいました。


北大構内を出て、
高架下JRの下をくぐってすぐの交差点に差しかかりました。

私と、前のランナーの間が開いたので、
警察官が通行人を渡らせました。

通行人の1人が渡り始めるのが後れて、
さらに杖を持ったご年配者だったので、
あぶなく弾き飛ばすところでした。

数歩コースから出て、かわしました。
1区画南で横断できるので、
ここでの横断は避けていただきたかったです。


北海道庁の敷地に入ってすぐの時計が、
12時を指していたので、
ここで完全に目標の2時間59分59秒に
届かないことを
実感しました。

あとは、6月の千歳JAL国際マラソンで出した
自己記録更新だけです。


旧北海道庁、通称赤レンガの直前に
アンバサダーの原 裕美子さんと
M 高史さんを発見。
ハイタッチしまいた。

右折すると、ゴールが見えました。

昨年はランナーが一杯で見ることができませんでしたが、
今年は、ゴール地点がしっかり見えました。

ゴール地点の時計で
タイムを見ると、3時間3分台なので
自己記録を2分以上更新する確信して、
フィニッシュしました。

  41km 4分43秒
  フィニッシュ 5分38秒

    累計3時間03分59秒(6分45秒の借金)

フィニッシュしたあと、
後ろを向いて、コースに礼をしました。
その後、メダル、タオル、水、氷、完走書を
受け取りました。

その後、7丁目のステージでダンスを見て、
3丁目の荷物置き場まで歩きました。

下見でも確認していましたが、
ハムストリングスが固まり、
ストライドの伸びない足では
この距離が遠いこと。

途中で、写真屋さんの
フィニッシャーズを探しましたが、
今年は無いようです。


3丁目に荷物を受け取り、
スタートとテレビ塔を背景に記念撮影しました。

少し、会場をうろついたあと、
自転車に乗って帰路につきました。

大通公園の東側を回るとマラソンコースを
渡らなくても家に帰られます。


ちょっと北大のメインストリートに寄り道すると、
歩道は狭く、観客が多いので、南側はあまり進めませんでしたが、
北側はスムーズでした。

4時間を越えるランナーは多いですね。
コース一杯にランナーが並んで走っています。

さっき走ったときとは、込み具合が全然違います。

デジカメで撮ろうとも思ったのですが、
おなかも空いたので、そのまま帰りました。

帰ってからも、父の見舞いや、
妹、弟の帰省など慌しい1日で、
一段楽したのが午後10以降でした。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
Copyright ©   ダイエット奮闘記~中年男の挑戦   All Rights Reserved
Design by MMIT / Simplea1 Powered by 忍者ツールズ
忍者ブログ [PR]