忍者ブログ
30代中年男がダイエットに挑んでいる様子の報告
8月30日(日)北海道マラソン当日

いつもより早い5時30分に起床し、
6時には朝食を終えました。


レース用のTシャツとハーフパンツに着替えて、
靴ヒモを結んでから、RCタグを固く結びました。

家からスタート位置は近いので、
無駄な体力を使わないようゆっくりこいで
自転車で会場へ向かいました。

途中で北海道大学の中を走ると、
マラソンの準備中でした。

観客がコース横断をしないように、
立ち入り禁止のテープ。
立ち入り禁止のテープ|北海道マラソン

40km過ぎの最後の給水地点。
40km給水地点|北海道マラソン


北海道大学を出るとすぐ、10.8kmの給水地点と、11km地点。
10.8kmの給水地点|北海道マラソン

さらに、旧北海道庁(赤レンガ)のファンランのゴール地点と、
41.6kmの最後の関門を通り抜け、
41.6kmの最後の関門|北海道マラソン

大通公園の6丁目の駐輪所へ行きました。

知り合いが、同時開催されるはなます車椅子マラソンに出場するので、
写真を撮りに行くが見当たりませんでした。

そのあと、Cブロックの整列場所に並びました。
Cブロック待機場所|北海道マラソン

まだ、スタート時間に余裕があるので、かなり前列に並びました。
隣の関西からのランナーと雑談しながら、スタート時間を待ちました。

前方に車椅子の選手が整列したので、
知り合いを探しに行きましたが、いません。
どうやら棄権したようです。

その後、荷物を預けに行きましたが、荷
物置き場まで混雑して時間がかかりました。

なんとか辿り着いて、荷物を預けますが、
整列場所に戻る最中に、忘れ物に気づき、
また荷物置き場へ戻りました。

忘れ物を取り整列場所に戻り並ぶと、
大型スクリーンで、車椅子の選手の紹介があり、
8時30分にスタートしました。
大型スクリーン|北海道マラソン

車椅子の選手がスタートすると、
それまで座って待っていたCブロックのランナーは
一斉に立ちあがりました。

しばらくして、ABブロックの選手も並んだので、
Cブロックのランナーも前に詰めて並びました。

招待選手の紹介や北海道知事の話などを大型スクリーンで見たあと、
テレビ塔でのカウントダウンが始まりました。

残念ながら、樹でテレビ塔を見られませんでしたが、
アナウンスが聞こえるので、特に問題はアリマセンでした。

で、いよいよスタートになりました。


昨年のEブロックでは、スタート時間になると歓声が聞こえましたが、
Cブロックでは、ほとんどありませんでした。


              その3に続く。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
Copyright ©   ダイエット奮闘記~中年男の挑戦   All Rights Reserved
Design by MMIT / Simplea1 Powered by 忍者ツールズ
忍者ブログ [PR]