忍者ブログ
30代中年男がダイエットに挑んでいる様子の報告
6月1日(日)、初マラソンの「千歳JAL国際マラソン」に参戦した。

6:10  起床・・・朝食後準備。

6:38  自宅出発。

6:45  桑園駅に到着。
      
      予定よりも道路の流れがよく早く着いた。
      改札を待っている人の中に、絶対ランナーという人がチラホラ。
 
6:58  JRに乗車、空いた席に座る。
      

7:06  札幌駅出発、乗っている車両にはランナーが7割ほど。
      立っている人が多数いて混雑しているので、
      桑園から乗って、正解だったと思う。

7:38  千歳駅に到着。
      駅構内は、ランナーで大混雑。
      その後も、階段、エスカレーター、改札も大混雑。
      そして、シャトルバスに長蛇の列。
      
       
      バス数台行ったあと、ようやく乗れる。
      座席が空いていたので、座ることができた。

8:10  青葉公園に到着。
      バス降車後、少し歩いて、スポーツセンターを目指す。
      
      途中でスタート地点を見つける。

8:20  スポーツセンターに到着。
      受付を探す。
      受付は種目ごとに分かれていて、「フルマラソン 35歳以上」の列に並ぶ
      この受付が一番混んでいた。
      

      受付でナンバー引換書を渡し、ナンバーカード、ランナーズチップ、
      プログラムを受け取る。
      
      (ナンバーカードの百の位と十のくらいを消した。以降の写真も同様。)

      スポーツセンターが選手控え室になっているが、
      空いているところがなさそうなので、
探しもせずに諦めて出ることにした。

      もしかしたら、2回の観覧席に空いている所があるかもしれないが、
      スポーツセンターの隣の公民館に向かう。

      公民館はすいていたので、そこに場所を取った。
      公民館での選手控え室は2階で、階段から土足厳禁で、
      靴を持って移動しなければいかません。

      階段横に、靴箱があったので、2回目以降、そこに靴を置きました。


      受付も済ませ、待機場所も確保したので、レースに向けて、準備を行う。

      まずは、ランニングウェアにナンバーカードをつける。
      
      ナンバーカードには、番号の他、種目、氏名、
      完走記念商品のTシャツのサイズ、スタート時間も記入され、
      右側に完走記念Tシャツの引換券がついている。



      次に、ランナーズチップを靴に付けるのだが、昨日の靴を洗ったあと、
      片方の靴にはひもを通さないでおいた。

      つけるためには、チップに靴ひもを通すので、
      どうせ靴ひもをほどかないといけないのだから、
      事前に結んでいくと二度手間だと思ったからだ。

      でも実際は、細い針金でつけるので、靴ひもをほどく必要がなかった。
      
 
      
      靴ひもを片方の靴につけ、履いた時に靴ひもを締めるので、
      そのときに、ランチップをつけることにする。
      チップをつけ忘れると記録が残らないので、
      靴の中にチップと針金2本を入れておく。
      


      そして、ランニングウェアに着替えるために、
      スポーツセンターの更衣室に向かう。

      更衣室は選手の控え室になっていた。
      パテーションで仕切られた所も選手の控え室と化していたのが、
      スペースを見つけて、ランニングウェアに着替えた。



      さらに、レースが始まる前にトイレを済ませておく。
      レース中にトイレに行くと長い時間待たされることがあるからだ。
      また、スタート前のトイレも混むとが予想される。

      朝、家で排便できたが、普段の便の量より少なかったので、
      少し個室でがんばるが出なかった。

      時間を置いて、もう1度トライするが、出ず。



      その後、貴重品の預かりです。
      預かり所はスポーツセンターにあるので、また移動です。
      ランニングウェアの着替えと一緒に済ませればよかったと少し反省です。

      預かってもらえるのが、A4の封筒に入るものだけなので、
      財布だけを封筒に入れ、係の人に預けました。



      最後にコンタクトをつけるためにトイレに行くが、
      洗面所が2つしかなく、他の選手の迷惑になると思い、1度は断念する。
      よく見ると、選手のトイレのピークがすぎていて、
      すいていたので、コンタクトをつけることにする。

      
      さぁつけようとすると、洗面所の栓がない。
      もし誤ってレンズを排水管に落とすと、取り出せないので、
      メガネケースを栓がわりにして、コンタクトをつける。
      さいわいにもレンズを落とさなかったので、いらぬ心配であった。

      マショマロで体内に糖分を蓄えつつ、お茶で水分を蓄えた。

9:45  かなり早いがスタート地点に向かう。

      フルマラソンの10:20スタートだが、
      フルマラソンの前は3kmファミリーがスタートする。
      このレースがスタートした後に、すぐ選手が並び、
      その後身動き取れないという情報を得ていた。

      ですから、10:00前にはスタート地点についていなくてはいけないのだ。

      9:50にはついてのですが、もうすでに選手が並んでる。
      なぜか、真ん中が開いている。
      遅れてスタート地点に着いた3kmファミリーの選手が通るために開いている。

      数組みこの間を通って、スタート地点に並ぶ親子がいた。

      3~4時間と書かれたプレートのほぼ真横に並んだ。

      腕や肩甲骨、アキレス腱などストレッチをしながらスタート時間を待った。

      その後、招待選手の川内選手のメッセージなどがあった。

      スタート直前には、先頭の選手がスタートライン直前まで進んだようで、
      私が並んでいた列も数歩前に進む。


      いよいよ、スタート。         マラソンスタートはこちら。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
Copyright ©   ダイエット奮闘記~中年男の挑戦   All Rights Reserved
Design by MMIT / Simplea1 Powered by 忍者ツールズ
忍者ブログ [PR]