忍者ブログ
30代中年男がダイエットに挑んでいる様子の報告
ぽっこりおなかが気になる場合、たいていの人は腹筋運動をおこなうと思いますが、
実はあまり効果がありません。

腹筋運動で筋肉がついて、力を入れたときには硬くなりますが、
触るとプニプニと、脂肪がついていることが確認できると思います。



腹筋は大きく分けて、外側から、腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋の4つあります。

腹筋運動では、一番外側の腹直筋しか鍛えられていないので、他の3つが使われていませんでした。



そこで、今回は、サイドベントを紹介します。

私は、腹筋運動をかなり行なっていたので、腹直筋は強いのですが、
サイドベントを行なった翌日は筋肉痛になりました。
サイドベントでは、外腹斜筋、内腹斜筋を鍛えます。


サイドベントのやり方は、
  1. 足を肩幅に開き、背筋をまっすぐにして立つ。
  2. 片手にダンベル持ち、もう片方の手は後頭部の後ろの方に当てる。
  3. ダンベルを持っている方に上体を倒していく、このとき、骨盤が左右にゆれないように気をつける。
  4. これ以上傾けると、骨盤を動かさなければならないとことろまで傾けたら、
    一気に上体の傾きを戻し、直立にする。
    このとき、手や腕でダンベルを持ち上げるのではなく、上体の傾きを戻すことに意識する。
これを1日に、10回3セット行なう。




サイドベントを行なっているときには、効果が感じられませんでしたが、
翌日起きると、おなかの真横よりやや前方(腹筋が割れている人の6パックの横の溝あたり)が、
筋肉痛になっていて、笑うとイテテテ・・・となりました。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
Copyright ©   ダイエット奮闘記~中年男の挑戦   All Rights Reserved
Design by MMIT / Simplea1 Powered by 忍者ツールズ
忍者ブログ [PR]