忍者ブログ
30代中年男がダイエットに挑んでいる様子の報告
初マラソンの千歳JAL国際マラソンでは、ネットタイム3時間24分9秒で完走した。


後半の失速がないくらい前半押さえれれば、3時間20分も可能だったようと思う。


次走の北海道マラソンに向けて、目標タイムを定めて、
練習に取り組もうと思いますが、まず、今回の千歳JAL国際マラソンと
次走の北海道マラソンの違いを比べてみた。


次走の北海道マラソのメリット

・コースがわかっている

  普段の練習コースが北海道マラソンのコースでもあることも含め、
  下見を兼ねた練習も行っている。

  坂のある場所や傾斜、給水所の箇所もほぼ押さえていて、
  レース中、走った距離や残り距離よりも、風景だけで感覚でとらえることができる。

・給水所が多い

  初めの2.5kmには給水がないが、5km以降、
  2.5km間隔で給水する。

  さらに、30km以降、31.1km、33km、34.1km
  35km、35.9km、37.5km、40kmにも設置される。
  (市民ランナーが多く参加しているにしても、給水所多すぎる)


北海道マラソンのデメリット

・気温が高い

   千歳JAL国際マラソンは26度とこの時期にしては、かなり暑かったが、
   過去の北海道マラソンでは、30度を越える年もある。
   平成18年の北海道マラソンはに30度を越え、
   52.4%の人しかゴールしていない。

   気温に関しては、30度を越える年もあれば、
   20未満の年もあり、予想はできないが、
  
   ほぼ全てアスファルトのコースなので、
   千歳の砂地よりも路面温度は高くなる。

   気温32度だと、路面温度は40度近いはずだ。

・スタート位置が後方

   千歳JAL国際マラソンは、申告タイムを基準に並んだ順だったので、
   スタートロス13秒の位置にいることができたが、
   北海道マラソンでは、前年度までのフルマラソンのゴールタイム順に並ぶ。

   私は、今年の3月までフルマラソンを走ったことがないので、
   ゴールタイムがないので、かなり後方に並ぶ。スタートロスは6~8分(予想)。

   さらに、スタートを切っても、私よりも実力のない選手が数千人もいる、
   いわば壁があるので、数キロはマイペースよりもかなり遅いペースを余儀なくされる。

   この集団から抜けても、自分と同じ実力の人はかなり前方を走っているので、
   ペースメーカはいない状態となる。

   また、千歳のときは、周りに選手がほとんどいなかったので、
   給水は楽に取ることができたが、
   北海道マラソンはそうもいかない。

   とくに、5km過ぎの給水は大渋滞の中での給水である。
   止まって、または減速して紙コップを取る選手がいたり、
   
   選手が多くテーブルまでたどり着かなかったりと、
   思うように行かないことも予想される。

以上のことを考えると、メリットよりもデメリットのほうが大きいような気がする。


スタート位置の関係で、実際のタイムでは無理だと思うが、
最前列でスタートしたと仮定した場合、
3時間10分でゴールできる実力をつけることを目標に練習をしていく。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
Copyright ©   ダイエット奮闘記~中年男の挑戦   All Rights Reserved
Design by MMIT / Simplea1 Powered by 忍者ツールズ
忍者ブログ [PR]