忍者ブログ
30代中年男がダイエットに挑んでいる様子の報告

幌平橋の頂点からは下りになります。

この下りでペースを上げると、このあとの緩やかなペースで、
ハイペースになってしまい、後半バテてしまうので注意が必要です。

幌平橋を渡りきると、地下鉄南北線の中の島駅に着きます。


中の島駅のある交差点を右折して、中の島通りに出ます。

中の島通りは、目でも上っていることがわかりますが、
このあたりはまだ序盤で元気なので、
特に問題なさそうです。

中の島通りに出てすぐ、左にカーブをします。

そのあと、環状通りを渡り、


その後右にカーブをすると尚志学園高校の前を通り過ぎます。

    

通り過ぎると、左折します。


左折すると、白石・藻岩通りに入ります。
入るとすぐに、急な上り坂が見えます。

少し進むと、精進川を渡ります。
この川を渡りにかかると同時に、北海道マラソン最大の上り坂に差しかかります。
まだ、4kmちょっとなので、この上りは平気で上れますが、
もし、終盤だったら・・・。
(撮った写真で見ると、急な上り坂には感じませんが・・・。)


上りきると、正面に、地下鉄南北線南平岸駅が見えます。
この辺りから終点真駒内まで、地下鉄なのに、地上を走ります。
(写真ではほぼ中央、白いワゴン車の上の薄緑の横長
拡大すると、左の信号付近です。)
また、その地下鉄の奥にHTBという朝日テレビ系列の北海道のローカルTV局があります。
(写真では、中央の建物切れ目から左の大きなお皿や黄色い物体がHTBです。
拡大するとわかるかな?)


この交差点を左折すると平岸通りに入り、すぐ5km地点です。


5km地点を通過すると最初の給水所(エイドステーション)です。
 

この平岸通りは、ずっと下り坂です。
ここでペースを上げるのではなく、
白石・藻岩通りの上りの休憩に入ることができれば、
後半も粘ることができるはずです。

他の選手に抜かれてもガマンガマン。

平岸通りを北上すると、環状通りを通り過ぎます。

このあたりで、地下鉄南北線は地下にもぐり、平岸駅は完全に地下の駅です。

平岸駅を通り過ぎると左にカーブして、
 

北海学園高校、北海学園大学の前を通ります。
北海学園高校は夏の甲子園の最多出場校です。
 

北海大学を通り過ぎるとすぐに、地下鉄東豊線の学園前駅があり、
学園前駅を通ると平岸通りの正面に公園があります。

公園前を右折し、30mぐらいですぐに左折します。

ここでデジカメの写真が切れたので、このあとは休みなしでジョギングで続けました。
創成トンネルは、車の迷惑になるし、危ないので、地上の歩道を走った以外は、
コース通り13km地点まで走り、お昼を食べ、
1時間休憩した後、26kmすぎの折り返し地点と思われる中央分離帯が3つあり、
どれで折り返すのかわかりませんでしたが、数百メートルしか変わらないので、
一番奥で折り返しました。

37km地点まで走って終えました。
37km以降は、スタート地点に着くまで走っていったので、
それでよしとして、信号待ちの時間も走っていたので、
1日4時間ちょっとで46km走りました。

車や自転車で通っていると、緩やかに上っていることに、
気づいていない箇所が何箇所もあったのには驚きでした。

まだ、日にちがあるので、何度も確かめようと思います。
ただ、1日に前コースを走るのではなく、
1日に半分程度を走ろうと思います。

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
Copyright ©   ダイエット奮闘記~中年男の挑戦   All Rights Reserved
Design by MMIT / Simplea1 Powered by 忍者ツールズ
忍者ブログ [PR]