忍者ブログ
30代中年男がダイエットに挑んでいる様子の報告
6月1日(日)の「千歳JAL国際マラソン」に向けて、
水曜日と日曜日に強度の練習をしています。

しかし、「千歳JAL国際マラソン」に向けての練習計画一部を変更で、
今日はビルドアップ走15~20kmの距離を1km5分15秒のペースで始めて、
終わりを4:55まであげる計画
です。


ウォーミングアップのとき、はじめの1kmは5分15秒で走り、
つぎの1kmから1秒ずつ速めていって最後の20km目の1kmを4分55秒で終えようと考えていました。
(あとで考えると1秒合いませんでした。)

はじめの4kmまでは順調にタイムを切り上げていきました。
5kmで給水を入れました。

3月21日(金)のペース走では、給水のペットボトルの置き場所や置き方でタイムロスをしてしまいました。
今日も、コカコーラウエストの株主優待のアクエリアスです。

今回はこの反省を生かして、ペットボトルを1kmのコース内に、
雪山に突き刺すようにおきました。

これでコース内で走りながらペットボトルを置くことができ、
タイムロスなく、給水を取ることができました。



ただ給水には、まだ問題が・・・。

ペットボトルを取るまでは、ペースを意識してしまいましたが、
ペットボトルを取ると、飲むために呼吸を整えることに意識がいってしまいました。

さらに、給水するには顔を上方へ上げるので、目線が上がってしまいます。

給水が終わり、5km目のラップを取ると予定よりもペースが上がっています。



ペースを予定通りに戻そうかとも思いましたが、
ここでペースを落とすと走るバランスが崩れそうな気がしたので、
このペースを基準にして、ぺーすを切り上げていくことにしました。

そして、このころから、背中の左側にハリが感じました。
数キロ走ると、ハリは感じなくなりました。

後半4kmは、肩甲骨から腕を引く、
後ろ足を強く引きつけてももを高く上げることを
意識して走ったので、ストライドが伸びたと思います。

この走りを覚えると、楽にスピードを上げられそうです。

ストライドを伸ばすには、つま先着地にして、
ピョンピョン飛ぶように走る方法もありますが、
この走りだと長い距離を走ることができません。
マラソンだと、この走り方はラストスパートにしか使えません。

1kmごとのラップタイムは下記のとおりです。

予定ラップ実際のラップ
 1km5分15秒5分14秒72
 2km5分14秒5分12秒03
 3km5分13秒5分07秒42
 4km5分12秒5分04秒02
 5km5分11秒4分56秒37
 給水でペースが上がる
 6km5分10秒4分52秒66
 7km5分09秒4分54秒22
 8km5分08秒4分49秒69
 9km5分07秒4分50秒67
10km5分06秒4分50秒89
11km5分05秒4分48秒48
12km5分04秒4分42秒08
 走り方を意識する
13km5分03秒4分48秒17
14km5分02秒4分37秒50
15km5分01秒4分39秒37
合計15kmまで
 1時間17分00秒

20kmまで
 1時間41分50秒
1時間13分28秒
クールダウンを3.6km家まで走って変える予定でしたが、
背中の痛みがぶり返し、足も重くて、最後の1kmは歩いて帰りました。

思った以上に、強度の強い練習となり、体にはダメージがあったようです。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
Copyright ©   ダイエット奮闘記~中年男の挑戦   All Rights Reserved
Design by MMIT / Simplea1 Powered by 忍者ツールズ
忍者ブログ [PR]